iPhoneSE(第一世代)、iPhone SE(第2世代)、iPhone8、iPhone11の比較

2020年4月16日に新型iPhone SEが発表されたので早速比較していこうと思います。

デザイナ観点ですと、今回のiPhone SE(第2世代)が出たことで横幅320ポイントの呪縛から解放されました!

“iPhoneSE(第一世代)、iPhone SE(第2世代)、iPhone8、iPhone11の比較” の続きを読む

Osmo Pocket、Fimi Palmの徹底比較

Osmo Pocketキラーと言われているFimi Palmですが、センサーサイズはOsmo Pocketのほうが大きいです。

ただしGalaxy Note10+の超広角レンズがFOV123°、F2.2のセンサーサイズ1/3.1なので2019年のフラグシップスマホよりは大きいセンサーです。
では早速徹底比較していきましょう。

“Osmo Pocket、Fimi Palmの徹底比較” の続きを読む

Pixel4やGalaxy Note10+などで外部映像出力検証してみました。

AmazonのブラックフライデーでAnker USB-C to HDMI ケーブル(1.8m)【4K 60Hz対応】を買ったので有線での外部映像出力を試してみました。

“Pixel4やGalaxy Note10+などで外部映像出力検証してみました。” の続きを読む

Air Pods Pro、WF-1000XM3、HUAWEI FreeBuds 3、Pixel Budsの比較

2020年4月28日追記:

Pixel Budsが米国で発売されたため2019年に話題になったワイヤレスイヤホン比較を更新しました。

Pixel Budsの充電とバッテリーはAirPods Proと大差ないですが、イヤホンのサイズ、重さはAir Pods Proより小さくて軽くなっているため装着感は期待できます。ただし、充電ケースのサイズと重さはAirPods Proより大きくて重いので充電ケースごと持ち運ぶ体験はAirPods Proの方が良いかもしれません。

アクティブノイズキャンセルがありませんが、代わりに環境によって音量が変わるアダプティブサウンドを搭載。うるさい場所でも音楽が聞けると思います。※スマホスクリーンの明るさを自動で変える機能の音版だと思ってください。

アクティブノイズキャンセルは独特な圧迫がどうしてもかかるため、それが苦手な人はアダプティブサウンドという形で解決するかもしれません。外の音量が大きい時は音量が上がっても音漏れの心配はなさそうですし良さげです。

“Air Pods Pro、WF-1000XM3、HUAWEI FreeBuds 3、Pixel Budsの比較” の続きを読む