HUAWEI FreeBuds 3が発表されたため2019年に話題になったワイヤレスイヤホン比較を更新しました。

FreeBuds 3はオープンフィット型かつAir Pods Proよりも約1g軽い(左右それぞれ)ということで長時間装着しても耳に負担が掛からなそうです。

また、オープンフィト型では世界初のアクティブノイズキャンセリング対応ということでカナル式と相性が悪い方にとっては救世主となりそうです。

11月29日追記:

FreeBuds 3の発売日にアキヨドで試してきましたが、つけ心地は快適でした。付けたまま跳ねても外れたりすることはありませんでした。

FreeBuds 3のノイキャンですが、あまり期待しないほうが良いです。AI Lifeアプリでレベルを変えながら調整してみましたが、電気屋のノイズに関しては環境音低減効果はあまり感じられませんでした。ほんと小さいノイズを消すぐらいでしょうか。

イヤホンの付け方や環境によって低減効果は変わるところなので参考程度です。※ノイキャン特有の圧迫がなかったのはとても良かったです。

FreeBuds 3で魅力的なのはマイクの方で、骨伝導ノイズキャンセリング、風ノイズ低減に驚くと思います。この骨伝導マイクは”来年”発売予定の新型Pixel Budsにも搭載される機能です。スマホでは1年以上先に進んだカメラ機能を搭載してきたHuaweiですが、イヤホンも素晴らしいですね。未来人でもいるのでしょうか。。。

また、発売日当日のアキヨドですと黒の在庫がありませんでした。AirPods Proにはない黒色があるのも立派なアピールポイントとなりそうです。

懸念点はバッテリー消費でしょうか。公式のスペックを見るとノイズキャンセルがONの場合の稼働時間が書いてありません。また、音声アシスタントの起動がHiVoiceなのかユーザーがデフォルト指定しているアシスタントなのか不明なので注意が必要です。

筆者はカナル式が苦手なのでFree Buds一択です。入手後に不明点を更新していければと思っています。

FreeBuds 3のアピールポイントはサイズ、重さ、防水※Amazon記載の仕様、低音強化の14mmスピーカー、骨伝導マイク、オープンフィット型、価格です。

Air Pods Proのアピールポイントはサイズ、重さ、防水、通気システム、外部音取り込み、低遅延、Siriの話しかけ起動がアピールポイントです。

WF-1000XM3のアピールポイントは価格、カラーバリエーション、電池持続時間、音質、イコライザーがアピールポイントです。

Pixel Budsはまだ詳細仕様が発表されてませんが、価格、カラーバリエーション、12 mmスピーカー、 骨伝導マイク、Googleアシスタントの話しかけ起動、翻訳、と発売前から一番気になる存在になってます。

  • アクティブノイズキャンセリング – Active Noise Cancellation – ANC
  • 外部音取り込みモード – Transparency mode – TM

Air Pods ProWF-1000XM3HUAWEI FreeBuds 3PixelBuds
価格 ¥27,800 (税別) 25,490 @Amazon\ 18,796 @Amazon179ドル(約1万9400円)
型式 カナル式カナル式オープンフィット型 カナル式
カラー白、黒 白、黒 白、黒、オレンジ、ミント
サイズ AirPods Pro(左右各)
高さ:30.9 mm
幅:21.8 mm
厚さ:24.0 mm

Wireless Charging Case
高さ:45.2 mm
幅:60.6 mm
厚さ:21.7 mm
未記載 イヤホン単体
41.5 × 20.4 × 17.8 mm

充電ケース
⌀60.9 × 21.8 mm
重さ左右各
5.4 g
Wireless Charging Case
45.6 g

左右各
約8.5 g
イヤホン単体
約4.5 g

充電ケース
約48 g

スピーカー6mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用) 14 mmダイナミックユニット 12 mm ダイナミック スピーカー
防水 耐汗耐水性能(IPX4)なしIP54
※Amazonのスペック詳細に記載されていました。
生活防水
IPX1 ~ IPX4
充電ケース Qi規格の充電器とLightningコネクタに対応 USB Type-C 充電有線:USB Type-C(5V1.2A 6W)
ワイヤレス充電:Qi規格に対応(2 W)*
*ファーウェイテストラボにて測定した結果による。
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大4.5時間(ANC TM ON)/ 最大5時間 (ANC TM OFF)最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF) 1回のフル充電で約4時間再生可能 最大5時間
電池持続時間(連続通話時間) 最大3.5時間最大4時間(NC ON)/最大4.5時間(NC OFF) 約2.5時間
※Amazonのスペック詳細に記載されていました。
電池持続時間(待受時間) 最大9時間(NC ON)/最大15時間(NC OFF)
充電時間 5分間の充電で約1時間の再生、約1時間の連続通話時間 10分で約90分の音楽再生充電ケース(有線)で約1時間
イヤホン(充電ケースに入れた状態)で約1時間
イヤホンケース充電込み24時間以上の再生時間
18時間以上の連続通話時間
24時間以上の再生時間 体6時間×3回充電 付属の充電ケース使用で約20時間再生可能( NC OFF時)
通話約12時間※Amazonの商品ページに記載されていました。
24時間
通信 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
Power Class 1
Bluetooth 5.1 BLE
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング 高音質ノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリング*
*イヤホンのマイクが収集した周囲のノイズに対して逆位相の音波を生成することによりノイズを低減します。
不明
外部音取り込みありありオープン型イヤホンなのであり不明
通気システム あり不明不明
アンプ専用のハイダイナミックレンジアンプ プロセッサ内蔵のDACとアンプにより完全ワイヤレスでも高音質を楽しめる響き渡る重低音
複雑なベースチューブが各イヤーピースに巧みに組み込まれ、より大きく、より力強く、よりタイトに、よりパンチがある音にします。それはまるでスタジオで音楽を楽しんでいるかのような感覚です。
マイク デュアルビームフォーミングマイクロフォン
内向きのマイクロフォン
全指向性 骨伝導センサー、 風ノイズ低減ダクト設計 骨伝導マイク
センサーデュアル光学センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
感圧センサー
タッチセンサー
その他不明
骨伝導センサー、その他不明
チップ H1ベースのSiP(System in Package) 不明HUAWEI Kirin A1
コントロール 感圧センサーを1回押して再生、一時停止、電話に応答
2回押して次の曲
3回押して前の曲
長押しでANC / TM
「Hey Siri」と話しかけ
タッチセンサーでの本体操作が可能ダブルタップコントロール
左右それぞれダブルタップで以下の機能を割り当て可能
Play/next
Play/Pause
Wake HiVoice
Enable/Disable noise Cancelling
アシスタントSiriGoogleアシスタント不明
海外版はHiVoice
Googleアシスタント
装着検出ありありあり
※EMUI10以上が搭載されたスマートフォンのみ
イコライザーあり
音量自動調整 Adaptive Sound機能
リアルタイム翻訳あり

Air Pods Pro

Pixel Buds

WF-1000XM3

Meet the new Google Pixel Buds

HUAWEI FreeBuds 3

投稿者: Chisato

ガジェットが好きで日頃からガジェットの調査や比較をしていたのですが、メモ帳だと見にくくなってきたのでこのブログに書いていくことにしました。 写真や表付きのほうがわかりやすいですし、カテゴライズしたほうが後々検索しやすくなりますしね。 基本的には比較が多いいですが、 開発者観点で少し違う情報も書いていければと思ってます。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です